育毛剤解体新書 > 病的な脱毛理由 > トリコチロマニア

トリコチロマニア

トリコチロマニアは眉毛やまつ毛などの頭髪を自分で抜いてしまうことによって起こる脱毛症です。

主な原因としては精神的なストレスと言われています。
この脱毛症を発症するのは、学童期の思春期、特に家庭環境の問題や、受験によるストレスなどから来る人が多いそうです。
成人になって発症するのは、神経症や、精神障害の背景にあるということが多いそうです。

ここで思うのが自分で髪を抜くから結局再生するのでは??と思う人もいるかと思いますが、自分で抜くのは2~3回程度の脱毛なら回復はするようですが、繰り返すことにより、傷跡(医学用語では瘢痕【はんこん】と言います)になり2度と再生することは無くなるので注意が必要です。

この場合の治療も育毛剤という解決ではなく、頭髪の専門医と精神科医との連携による受診が好ましいと言えます。

当サイトの良く読まれている人気記事です。

<<トップページへ戻る
<<育毛にーやんが現在使用している育毛剤を紹介!
<<育毛にーやんの考える実践的な育毛方法は??

育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較
  • 厳選サイト
  • フィンペシア体験記
  • メルマガ購読・解除
    育毛にーやんのメルマガ

    育毛初心者が育毛に取り組むにあたって
    知っておいた方が絶対にいいこと!