育毛剤解体新書 > 病的な脱毛理由 > 甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺ホルモンの低下症による脱毛とは甲状腺ホルモンは、頭髪の成長を促進するホルモンと確認されているもので、
このホルモンが吸くなる成るような状態である甲状腺機能低下症(橋本病)にかかった場合は、髪のサイクルの内の成長期の短縮が起こり結果的に脱毛につながります。

このほかに甲状腺肥大症や甲状腺がんなどの甲状腺摘出手術後の甲状腺ホルモン低下状態でもこの脱毛は起こります。
このタイプの脱毛症の人はこういった発症もありますが、対策は適切な甲状腺ホルモン剤の投与と言われています。

当サイトの良く読まれている人気記事です。

<<トップページへ戻る
<<育毛にーやんが現在使用している育毛剤を紹介!
<<育毛にーやんの考える実践的な育毛方法は??

育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較
  • 厳選サイト
  • フィンペシア体験記
  • メルマガ購読・解除
    育毛にーやんのメルマガ

    育毛初心者が育毛に取り組むにあたって
    知っておいた方が絶対にいいこと!