育毛剤解体新書 > 病的な脱毛理由 > 抗がん剤などの薬剤による脱毛症

抗がん剤などの薬剤による脱毛症

抗がん剤によって脱毛が起こることはすでに知っている人も多いかと思います。

その理屈を説明すると、毛根の下の方にある、内毛根鞘細胞では、毛の元となるケラチン細胞とメラニン細胞が活発に細胞分裂しています。

抗がん剤は、ガン細胞の活発な細胞分裂を弱め、その副作用として、内毛根鞘細胞の分裂を抑制し、毛周期の成長期を阻害し、脱毛を起こします。

またビタミンAや、脳梗塞や心筋梗塞の予防薬の抗凝固剤などでも脱毛が起こるそうです。

しかしこれらの脱毛症は、薬の投与をやめることで脱毛は止まり改善するケースが大半です。

当サイトの良く読まれている人気記事です。

<<トップページへ戻る
<<育毛にーやんが現在使用している育毛剤を紹介!
<<育毛にーやんの考える実践的な育毛方法は??

育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較
  • 厳選サイト
  • フィンペシア体験記
  • メルマガ購読・解除
    育毛にーやんのメルマガ

    育毛初心者が育毛に取り組むにあたって
    知っておいた方が絶対にいいこと!