育毛剤解体新書 > 育毛剤の成分表 > ラウリル硫酸アンモニウムとは、、

ラウリル硫酸アンモニウムとは、、

では前回の経皮毒とは、の話の続きをしたいと思います。
前回の蓄積されていく体の内部の毒の話ですが、今回は原因となりえる成分についてです。

実際問題シャンプーを選ぶときに、気をつけなくてはいけない成分が
わからないと良いシャンプーを
どういう風に選べば良いのかがわかりませんよね。

今回はシャンプーを実際に選ぶときにはどういった成分に気を付けなければならないのか
ということを紹介したいと思います。

シャンプーの成分として知られているのは、
アミノ酸系シャンプー
石鹸系シャンプー、
石油系シャンプー、
界面活性剤シャンプーがありますが、

中でも一番良くないと言われているのが界面活性剤ですね。

界面活性剤はシャンプーでの表記は
ラウリル硫酸アンモニウムとなっていることがほとんどです。


界面活性剤はどうしていけないかというと、
頭皮に必要な皮脂や成分をすべて洗ってしまうので、
頭皮がダメージを受けやすい状態になってしまったり、
皮脂が足りずに乾燥して毛穴が開き、
そこに分泌された皮脂が詰まってしまうからです。


そうなると、抜け毛が目立つからといって
育毛剤を使っても成分が浸透していかないし、
頭皮の表面で炎症を起こしてしまったりすることがあるし、
せっかくの育毛剤が効果を発揮することができなくなってしまいます。


また、ラウリル硫酸アンモニウムは
タンパク質を変質させてしまう働きもあるので、
髪の毛そのものがとても傷んでしまうようなことになってしまうんです。


ですから、界面活性剤であるラウリル硫酸アンモニウムを
使っていないシャンプーを選ぶようにして、
頭皮の健康と髪の毛の健康を守ってあげてください。

きちんとバリア機能が働いている頭皮は
抜け毛を防ぐことができます。

シャンプーを選ぶときには表記を良く確認して、
安全なものを使うようにしましょう。

育毛にーやんはアミノ酸系のシャンプーをオススメします。
安心安全に使えるもので頭皮を洗いたいものですね。

当サイトの良く読まれている人気記事です。

<<トップページへ戻る
<<育毛にーやんが現在使用している育毛剤を紹介!
<<育毛にーやんの考える実践的な育毛方法は??

育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較
  • 厳選サイト
  • フィンペシア体験記
  • メルマガ購読・解除
    育毛にーやんのメルマガ

    育毛初心者が育毛に取り組むにあたって
    知っておいた方が絶対にいいこと!