育毛剤解体新書 > 育毛剤の成分表 > 防腐剤に使われる成分について

防腐剤に使われる成分について

この育毛剤の使用期限はどの位だろう、、、
  ずっと使えるのだろうか、、

と思う人もいるかと思います。
基本的に結論を言えば、防腐剤が入っているものについては使用期限は3年と言われています。
逆に使われていないものについては、2~4カ月程度と言われています。

ここではその育毛剤や育毛シャンプーの使用期限と関係する防腐剤についてと、
防腐剤に含まれる成分について説明したいと思います。

スキンケア商品にしても、
ヘアケア商品にしても、
保存料というのは必ず入っているものです。


パラベンフリーと書いてあると、
この商品は保存料が使われていないから安心。

などと思ってしまいがちですが、
それはちょっと認識が違ってきます。


保存料に使われている成分というのはパラベンだけではなく、
エタノールやグレープフルーツシードなどがあります。

中でもパラベンはアレルギーが出やすい成分ですから、
あえて表記をすることで、アレルギーがある人は買わずに済むし、
安全性を確認できるという部分ではとても助かります。


エタノールはアルコールですから、
刺激を受けやすい人もいるので、
ピリピリとした刺激を避けたい人はエタノールが入っていないものを
選ぶようにすると良いですね。


それからグレープフルーツシードは
グレープフルーツの種に含まれる成分となっていて、
最もアレルギーが起きにくく、
消炎作用もあるので、
敏感肌やニキビに悩まされているという人などに選ばれています。


保存料は良くないという認識が強くなっていますが、
保存料を全く使っていなければ、
腐敗してしまったり、
細菌が繁殖してしまったりもするので、
量に関わらず、必ず入っているものだし、
入れなければいけないものなんです。


あまり保存料に敏感になってしまうと、
毎回自分で作って新鮮なものを作るなどの方法しかなくなってしまいます。

保存料はあくまで性質を守るためのものですから、
長期使用を考えている人は安心して使うことができます。

しかし育毛にーやんの個人的な意見だと、防腐剤はやはり育毛に関係する成分ではありません。
基本的に育毛にーやんの思考と育毛プロセスは

育毛に効果のない成分がない育毛剤や育毛シャンプーで取り組みたいというのが、
個人的な考えです。

ですので、育毛剤は極力無添加なものを使っていて、
1本使いきるまでおおよそ大抵のものは1,5カ月~3カ月以内であるので

毎日使うものですからこういう考えでもいいのではと思っているし、

防腐剤によってカビという生命の誕生を阻害するわけですから、
生命の誕生を阻害することは頭皮の細胞分裂という育毛プロセスまで阻害するのでは、、

とこう考えているので
育毛にーやん的には防腐剤を支持していません。

あくまで個人的な意見ですのでこれが正しいというわけではないのですが、
育毛効果を実感するまでのリスクは極力減らしておきたいという考えですので、
参考にしていただけたら幸いです。

防腐剤の使われていない育毛剤で特に人気の高いものは、

濃密育毛剤BUBKAM-1育毛ミストがオススメですね。

特に濃密育毛剤BUBKAはミノキシジルと同等の育毛パワーを安心無添加でありながら
証明しており、育毛に関係のない成分は一切入っていないという
非常にハイスペックでこだわりの育毛剤なのでオススメです。

育毛シャンプーでは防腐剤が入っていないシャンプーはウーマシャンプーアルガンK2シャンプー
プレミアムブラックシャンプーGrowth Project.アロマシャンプーなどがオススメです。

当サイトの良く読まれている人気記事です。

<<トップページへ戻る
<<育毛にーやんが現在使用している育毛剤を紹介!
<<育毛にーやんの考える実践的な育毛方法は??

育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較
  • 厳選サイト
  • フィンペシア体験記
  • メルマガ購読・解除
    育毛にーやんのメルマガ

    育毛初心者が育毛に取り組むにあたって
    知っておいた方が絶対にいいこと!