育毛剤解体新書 > 女性育毛剤特集 > 女性ホルモンの作用による薄毛の原因

女性ホルモンの作用による薄毛の原因

まず、女性ホルモン(エストロゲンといいます。)

この女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の変化によって、分泌低下した場合に起こる脱毛症です。
主に、分娩後の脱毛や更年期の脱毛がこれにあたると言われています。

ちょっと小難しい話になるのですが、少し我慢して読んで下さい!!

このエストロゲンですが、主に女性らしさをつかさどるホルモンとして存在し、女性の生理や第二次性徴を促進する働きがあり、思春期にはこの値が激動したりします。
さらに妊娠中や分娩中及び更年期には分泌量が少なくなったりします。

厳密な理由は分かっていないのですが、脱毛と時期が重なることから脱毛症の1つとして考えられています。
ですが、この時にエストロゲンを外から注入しても髪が生えた実例は無いそうです。
つまり、脱毛症としての見方が強いが、厳密言うと脱毛症でない説が強いと言われています。

 

当サイトの良く読まれている人気記事です。

<<トップページへ戻る
<<育毛にーやんが現在使用している育毛剤を紹介!
<<育毛にーやんの考える実践的な育毛方法は??

育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較
  • 厳選サイト
  • フィンペシア体験記
  • メルマガ購読・解除
    育毛にーやんのメルマガ

    育毛初心者が育毛に取り組むにあたって
    知っておいた方が絶対にいいこと!