トップページ > 育毛にーやんの育毛法 >  食生活の改善について

食生活の改善について

育毛に重要な食事ですが、食事は栄養素を与える上で育毛剤よりも重要な栄養補給要素です。

ですが、現代人に現在増えてきているのが、日本古来の食生活が損なわれている点が大きな理由の一つです。
育毛に重要な食生活は本当にベタなコトを言ってしまうのですが、やはりバランスのとれた食事です。

食事は基本的に、4つの要素で取り込まれることが多いです。

主菜
肉や卵、魚や大豆などがメインで、主に毛髪の元になるたんぱく質を補給する食事ですが、脂質も含まれています。
主食
ご飯やパンなどで、エネルギーの源になるもの、炭水化物を含み、取りすぎると肥満の原因にもなります。
副菜
野菜や海藻、キノコや芋など、ビタミンやミネラルなどの髪への必要な栄養素を含みます。食物繊維も含まれているので、一番栄養素を得るバリエーションが多いので、注意
汁物
副菜や、主菜で取りきれない分を補うもの、水分なので循環が早く、おまけに栄養素も摂取しやすいですが、温める為、栄養素を逃がすことも、、
 
育毛の食事
主菜、主食、副菜、汁物のバランスをしっかりと!!1日20品以上とるようにしよう!!

髪に栄養がとどくまでについて、、

髪に栄養が届くまでには、やはり血液の循環が非常に重要になってきます。
通常、髪は1日0,4mm、1カ月で1,2cm、1年で12cm伸びると言われています。

この仕組みは、毛母細胞の細胞分裂によるものです。

人が食事をすることによって、摂取した栄養素は、毛細血管を通り、毛乳頭へ運ばれ、それが、髪に運ばれていくといった理屈なのですが、これには血液の循環が非常に重要になってきています。

弱った頭皮をよみがえらせる栄養素を紹介します。

育毛に特に効果的と言われている栄養素を紹介したいと思います。

コラーゲン 長いもや、レンコンオクラ納豆などに含まれているコラーゲンは、髪のツヤや、ハリを保ってくれ、血液をサラサラにしてくれます。
アミノ酸 牛乳や、大豆肉類や魚類に含まれるアミノ酸ですが、髪の毛の主成分はたんぱく質を多く含みます。髪を作り出す最も基礎的な栄養素です。
DHA DHAは最強の男性ホルモンに対抗すると言われており、5αリダクターゼを抑制します。
ヨード ワカメや、ヒジキ昆布などの海藻類に特に多いのがヨードです。髪の発育を促す効果があると言われ、肉や魚と一緒に摂取することで、より効果的な栄養素です。
ビタミン ビタミンは、頭皮の血行を良くし、栄養素の体内循環を活性化させます。さらにニンジンカボチャホウレン草などに含まれるビタミンB、他にも、レバーウナギトウモロコシに多く含まれる食品
亜鉛 牡蠣牛のもも肉豚レバーに含まれる髪の組織を作る働きが期待できる成分です。さらに5αリダクターゼを抑制する効果があると言われています。
大豆イソフラボン 男性ホルモンによる脱毛を抑制する働きを持つと言われ、女性ホルモンと似た働きをします。
ミレットエキス 育毛を促す『漢方』として有名で、シスチンを始め毛髪のアミノ酸組成の主成分を豊富に含んでいます。
ノコギリヤシ アメリカの南部に自生する高さ1mほどのヤシ科の植物で、育毛に効果があると言われおり、育毛剤で育毛にーやんが最も重要視している成分です。
これらの栄養素を一品でも多く毎日取り入れていくことが非常に重要です。

育毛にーやんの個人的にオススメな青汁

育毛にいい青汁実際にバランスの良い食事をしましょうと言われても、しにくいのは当然ですよね。
バランスのよいバリエーション豊かな食事ほど、時間とお金がかかり何より労力がかかるため、非常に難しいものです。

育毛にーやん自体、本当に難しいなぁ~と思っていたのですが、そういった時にオススメなのが青汁です!!

この右の写真は育毛にーやんが愛飲しているふるさと青汁なのですが、非常に高い栄養素を持っています。

基本的に朝一番は青汁、または生野菜のサラダを食べていますが、
非常に体もすこぶる快調です。

結果的に言えば育毛=健康体を目指す行為
でもあるわけですから、将来の頭皮にも体にも資産になります。

個人的にオススメなので興味のある人は是非飲んでみて下さい^^

育毛にーやんのオススメな青汁はコレ!!へすすむ→

育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較
  • 厳選サイト
  • フィンペシア体験記
  • メルマガ購読・解除
    育毛にーやんのメルマガ

    育毛初心者が育毛に取り組むにあたって
    知っておいた方が絶対にいいこと!