Top > 50の恵養潤育毛剤 > 毎月のコストパフォーマンスはどうなの?

毎月のコストパフォーマンスはどうなの?

50の恵 養潤育毛剤のライン使い
ただ50の恵 養潤育毛剤の公式ページを見てみるとライン使いをするのがすすめられていて、
効果を実感するためにはラインで揃えなければいけないようなので、
そうなると結構なコストがかかって来ますよね。

ちなみにライン使いというのは育毛剤+育毛シャンプー+トリートメントを揃えないとだめだよ!的なスタンスで1つ1つの料金は安いですが、総合するとバカにならない値段になります。

50の恵 養潤育毛剤そのものは2ヶ月近く使えるようですが、
シャンプーやトリートメントはそこまでもたないので、
結果的には出費が大きくなってしまいます。

有名なのがスカルプDなどですが、こういうセットで揃えると育毛効果がありそうな感じというのは
何となく一種の思考の麻痺を狙っているような気もします。

決して悪いというわけではなく、勿論同メーカーが作ってますからその商品同士の相性はもちろんのこと
いいと思いますが、

育毛のツール系で全商品揃えた場合の月々にかかる総額が1万円を超えるのはあまり個人的には
コストパフォーマンスや費用対効果を感じませんね。

そう考えると50の恵 養潤育毛剤は全商品を購入して2カ月使うと仮定すれば月々にかかる金額が、
3千円程度のリーズナブルな価格なのでコストパフォーマンス的にはいいと育毛にーやんは考えています。
育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較