Top > 8代目スカルプD > スカルプDのパワーアップした6つのフリーとは、、

スカルプDのパワーアップした6つのフリーとは、、

今回スカルプDが良くなった面として、こういった切り口があるのですが、
それも

6つのフリーです。

育毛として必要のない成分を6種類ほど省いたよってことなのですが、
ちょっと説明してみたいと思います。

今回の6つのフリーとは、

  1. シリコンが入っていないという点
  2. パラベンが入っていないという点
  3. 石油系の界面活性剤が入っていない点
  4. 合成着色料が入っていない点
  5. 合成香料が入っていない点
  6. フェノキシエタノールが入ってない点

とう点が挙げられていますが、
シリコンは、結構大半のシャンプーに入っていて、効果的に髪をコーティングする効果を持っています。
コーティングすることで、髪の洗い後をなめらかにしてくれるメリットもあるのですが、
洗い流す時にキューティクルも一緒にはがれやすいというデメリットもあります。

パラベンは防腐剤で、育毛に効果というよりはその商品の品質を保つための成分です。
基本的に必要は全くありません。
化粧品ならまだしも、1~2カ月で使いきってしまうようなシャンプーは貼っていない方が断然いいです。

界面活性剤は本当なら混ざり合うことがありえないもの、例えば水と油などを混ぜ合わせる効果を持ち、
ますが、安価なため、これを洗浄成分として配合しているシャンプーが非常に多いですが、毒性を持っています。成分従来の毒性に、浸透しけい皮毒に繋がります。

合成着色料フリーと合成香料フリーというのはその名の通り、着色料と香料が入っていないというコトです。最近の育毛系のアイテムはこういう擬似的な効果を重視する傾向がありましたから、
これはいいと思います。

そしてフェノキシエタノールですが、これは防腐剤のコトですから、パラベンとまとめてもいい部分と思いますが、
どちらかというとパラベンより性能は低い防腐剤です。


というような感じで6つの魅力がピックアップされていますが、当サイトで紹介している
育毛シャンプーでブッチギリの人気シャンプー4つを徹底比較で紹介している育毛シャンプーは
この条件がすべて含まれています。

なので現状としては当たり前と言えば、当たり前かなって思います。

 
育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較