トップページ > 育毛シャンプー一覧 >  8代目スカルプD

8代目スカルプD

8代目スカルプD <<日本で一番有名な育毛シャンプー>>
もうすでに知っている人が多いのではないでしょうか??
あえて説明もいらないくらい知名度が高い育毛シャンプーです。ですがその使用感は満足出来るものではなく、育毛にーやんは前回の7代目は非常に厳しい感想でしたが、今回の8代目スカルプDは大幅にスペックアップしていて、
個人的な満足度を言えば今回の8代目スカルプDは前回と比べはるかに満足度は高くなっています。
価格 容量 男女兼用 オススメ度(5段階)
¥3,800 350ml(2~3カ月分) 主に男性向け ★★★★☆
 

8代目スカルプDを購入してみました。

こんな感じです。

8代目薬用スカルプD
今回は3種の神器と言われている(笑)3点セットを揃えての使用の方がより分かりやすいと思い、
こちらの方を総合的な使用感として紹介したいと思います。

ちなみに今回は8代目スカルプDのレビューとなります。
始めて育毛にーやんが買ったのが7 代目スカルプDだったのですが、デザインも大幅な変更をされています。
今や育毛シャンプーと言えば黒ベースのシンプルな形が主流となりましたが、
その派生となったのが旧スカルプDのデザインというのは言うまでもありませんね。

巷の育毛シャンプーと完全に差別化されましたね。


7代目スカルプDと8代目スカルプDを比較
個人的にはこういう育毛に関係ない部分には全く関心がないタイプなのですが、
こういう風にキチッとされているデザイン性も信頼度として考えると
あながち放っておけないなぁと実感しました。


個人的にはこのデザインも好きですね。

容量は350mlあり、通常の使用では約2ヶ月は使用出来そうです。

実際にシャンプー→リンス→ジェットという流れを体験してみた。

実際に使用してみました。
スカルプDの使用感

単刀直入で感じた感想をいうと、

その1 バリバリ感が無くなった。

キュッキュ感が優しくなったこと。
スカルプDはシャンプー後のキュッキュ感が半端じゃありません。

とにかくてぐしも入らないほどキュッキュ感はすごいです。
だから当然使用後のリンスが必須品となるのですが、

今回はキュッキュ感がかなり低減されています。
ただし、育毛にーやんは短髪な方に入ると思いますが、使用後はリンスが必要と感じました。
この点は以前と同じなのですが、キュッキュ感はかなり減りました。

その2  長時間のスカッと感が無くなった!

頭皮がスカッとしすぎない!
前までのスカルプDは刺激が強く強烈にスカッとする感じでしたが、
今回の8代目スカルプDはシャンプー中には軽く感じるような感程度で、シャンプー後の
スカッと感は無くなっていました。

まぁこれは育毛効果に全く関係のない現象ですので無くなった方がむしろ個人的にいいと思います。

スカルプDのパワーアップした6つのフリーとは、、

今回スカルプDが良くなった面として、こういった切り口があるのですが、
それも

6つのフリーです。

育毛として必要のない成分を6種類ほど省いたよってことなのですが、
ちょっと説明してみたいと思います。

今回の6つのフリーとは、

  1. シリコンが入っていないという点
  2. パラベンが入っていないという点
  3. 石油系の界面活性剤が入っていない点
  4. 合成着色料が入っていない点
  5. 合成香料が入っていない点
  6. フェノキシエタノールが入ってない点

とう点が挙げられていますが、
シリコンは、結構大半のシャンプーに入っていて、効果的に髪をコーティングする効果を持っています。
コーティングすることで、髪の洗い後をなめらかにしてくれるメリットもあるのですが、
洗い流す時にキューティクルも一緒にはがれやすいというデメリットもあります。

パラベンは防腐剤で、育毛に効果というよりはその商品の品質を保つための成分です。
基本的に必要は全くありません。
化粧品ならまだしも、1~2カ月で使いきってしまうようなシャンプーは貼っていない方が断然いいです。

界面活性剤は本当なら混ざり合うことがありえないもの、例えば水と油などを混ぜ合わせる効果を持ち、
ますが、安価なため、これを洗浄成分として配合しているシャンプーが非常に多いですが、毒性を持っています。成分従来の毒性に、浸透しけい皮毒に繋がります。

合成着色料フリーと合成香料フリーというのはその名の通り、着色料と香料が入っていないというコトです。最近の育毛系のアイテムはこういう擬似的な効果を重視する傾向がありましたから、
これはいいと思います。

そしてフェノキシエタノールですが、これは防腐剤のコトですから、パラベンとまとめてもいい部分と思いますが、
どちらかというとパラベンより性能は低い防腐剤です。


というような感じで6つの魅力がピックアップされていますが、当サイトで紹介している
育毛シャンプーでブッチギリの人気シャンプー4つを徹底比較で紹介している育毛シャンプーは
この条件がすべて含まれています。

なので現状としては当たり前と言えば、当たり前かなって思います。

 

コストパフォーマンスってどうなの??

現在育毛シャンプーの相場と言えば、2000円~5000円前後が相場ですが、
スカルプDは3,800円と平均的な価格帯です。


ただし、育毛にーやんも髪の長さは短いほうなのですが、
リンスは必須とも言えます。
ただやはりセットで販売されているようなスタンスですから、
この両方を揃えないとならない感じがします。
そう考えると、合わせて7,600円ですからひと月当たり3,800円でシャンプーをするたびに126円といった計算になります。
正直な話、コストパフォーマンスで考えるとあまりいいほうではないと感じます。

8代目スカルプDよりもウーマシャンプーの方がオススメかな
どちらかというと、リンスがいらないくらい洗い後が気持ちいいほどなめらかな馬油を
配合しているウーマシャンプーのほうがコストパフォーマンスは高いと思いますし、

価格帯も3,800円ですから同価格です。
なんだかんだいって、スカルプDも口コミや効果、評判で広がったシャンプーではなく
自社の宣伝方法によって知名度を増やしてきたシャンプーであり、
少なからず、価格帯にも影響はあると思います。

個人的には、まずウーマシャンプーを使ってみたほうがいいと思います。
※30日以内なら返金保証もあるので初めての人でも安心です。

ただ昔ながらのスカルプD愛好家の人は、ずいぶんとパフォーマンスが上がりましたので、
継続使用してもいいかと思います。

スカルプジェットってどうなの?

 

 

スカルプジェットってどうなの?

なんだかこの3点はセットみたいな感じになっているのでついでに紹介したいと思います。
詳しくはスカルプジェットのページに記載しているので、ここでは簡単に書きます。

こういった商品で有名なのが、サクセスなどの血行促進剤という感じで売られている商品なのですが、
スカルプジェットも血行を促進させるタイプのジェットスプレーのようです。
実際に使ってみると、スカッとする感覚はありますが、その瞬間のみで持続性はありません。

これで3000円以上出すのはちょっともったいないかな、、と感じますが、
こういう擬似的な効果の演出もプラセボ効果を考えると馬鹿にはできないし、
血行促進のジェットというアイテムは基本的に使い切るまで結構時間がかかるので、
1本買っておいてもいいかもしれませんね。

個人的には威張ってオススメという感じではありませんが、
まぁ、あってもいいかなという感じです。

結論的にこれで育毛に取り組むのはあまり期待しないほうがいいでしょうね。
3点セットでアマゾンで10,800円ほどしましたが、

スカルプD3点セット

これなら濃密育毛剤BUBKAの定期購入なら同価格なので、個人的には
これにウーマシャンプーを加えたセットの方がよっぽど効果的と考えています。

育毛にーやんの個人的な意見を言えば、こういう結論になりますね。
育毛剤のランキング

最強の育毛剤はコレ!
濃密育毛剤BUBKA

最強の育毛シャンプーを比較